葬祭の事、樹木葬の事、永代供養の事は知っておいて損はない

霊園の概要

墓参り

葬祭の関する悩みの中でも、霊園について相談したい人が多いのが実情である。
霊園には様々なタイプがあるので、家族で相談しながら最適なものから選ぶのが重要である。
特に最近では緑も豊かな環境に立地している、公園型の霊園を選ぶ人が増えているのである。
また一人暮らしの人が増えたり核家族化が進んでいるので、一人一人が自分のおを持つスタイルも増えているのである。
そのためにシンプルなおを選ぶ人が増加しているのである。

霊園選びのポイント

一般に公園地などのように明るく清潔な場所を霊園と呼んでいる。
運営主体別に、公営・民営・寺院の3種類に大別されるが、選ぶ場合それぞれのメリットや申し込み資格などを確認しなければならない。
霊園を選ぶときには費用の問題が一番大きいと思うが、区画の永代使用料だけではなく管理料などの確認も大切である。
また、葬祭場などに隣接していればよいが、駐車場やトイレなどの付帯設備の確認を忘れてはならない。
所在地が住宅地の場合は周辺環境の確認も大切なポイントであり、やはり直接現場に行って確認するのが一番である。

霊園のメリット

霊園には、公営と民営の2種類がありメリットがそれぞれ異なる。
公営霊園の場合、石の石材店が選べることと、宗教は問わないことと、経営が安定しているため費用が割安であることである。
民営霊園は、石の形の制限がないことといつでも求めやすく資格制限がないことである。
公営のデメリットが民営ではメリットになるという関係になっているのである。
従って、場所取りのようなものであるから、メリットを最大限に生かすために葬祭前の検討が必要である。