葬祭の事、樹木葬の事、永代供養の事は知っておいて損はない

樹木葬

jumoku

樹木葬とは、これまでのものとは違い新しく誕生した葬送である。
誕生したのは、1999年以降となっている。
特徴としては、従来のように石を標とするのでなく埋葬した遺骨の土へ樹木や花を植えるものである。
これは、人間が自然に還るという事と共に自然や環境にもやさしい地となっている。

また、近年多くのお寺によってこれは注目されているものである。よって、今後の増加傾向も見込まれている。
ちなみに樹木葬においての費用の相場は、およそ30万円~50万円程となっている。

誕生

樹木葬が最初に誕生したのは、1999年の岩手県である。
誕生した場所は、岩手県一関市の里山であり祥雲寺によって開発された。

里山は、自然豊かな場所となっておりそのような環境の中へ遺骨を埋葬する事ができる。
これは、遺骨を海や山にまく散骨と一見同じように見える。
しかし、これは指定された場所に遺骨を埋葬する事や埋葬した場所が分かるようになっている為に散骨とは別物である。

また、樹木葬は原則として地として認められている場所のみに存在するものである。

時代

は、時代の流れと共にそのあり方についての認識が変化しているものである。
例えば、先祖と同じおに入る事に抵抗があるケースが増えているのもその1つである。
また、おに高額な費用をかける事に疑問を持つケースもある。

そのような認識に対し、現代では様々なスタイルによる埋葬が誕生している。
例えば、永代供養やロッカーを使用した納骨堂等もその1つである。

樹木葬も、このような時代にあわせて誕生した1つの埋葬方法である。
例えば、埋葬に必要となる費用が比較的安い事もその1つとして考えられる。
また、樹木葬は継続者がいなくとも利用する事ができ永代供養も行ってもらう事ができる。