葬祭の事、樹木葬の事、永代供養の事は知っておいて損はない

永代供養

eidai

永代供養とは、寺院や園業者によって永大に供養が行われる事である。

これは、核家族、高齢化、独身等の人口が多い日本では需要が高くなってきている供養形態である。
家族や独身で生涯を終えた場合、代々に渡りお参りや守を行ってもらえる確率が低くなる。
しかし、そのような状態であれども永大供養により永代に渡り供養を行ってもらう事ができるのである。
それにより、無縁仏となるリスクも避ける事ができる。

永代供養のには、色々な種類がある。
例えば、地下に納骨室や納骨棚がもうけられているものや、納骨堂として建物を建設しているもの等がある。

需要

永代供養への需要が高まった理由には、現代の日本の時代状況が関係している。
現代の日本は、少子高齢化や各家族化が進んでいる。
そのような状態は、おに対しても大きな影響を与えるのである。

とは、日本では先祖代々に渡り伝承されるものである。
しかし、上記に挙げたように各家族化や少子高齢化により伝承者不在の確率が高くなる。
そのような状況を不安に思う者が増加し、1980年の後半頃から永代供養が注目されるようになった。

シンボル

永代供養のを記すシンボルには、様々なスタイルがありその型に決まりは設けられていない。
例えば、仏像が建てられている場合もあれば、大型の石塔が設けられているものもある。
また、デザイン性を重視したものもあり光りやオブジェが設けられている場合もある。
他にも、石の変わりに樹木を植えた樹木葬等も永代供養に含まれている。

ちなみに、この永代供養によるおの利用は契約時の支払いのみとなる。
後に、お塔婆代、寄付金、管理費等は必要としていない。
平均的な費用としては、30万円~50万円程となっている。