葬祭の事、樹木葬の事、永代供養の事は知っておいて損はない

葬祭

葬祭とは、葬儀式の事や亡くなった個人の魂を祀り遺族を慰める事である。
現代では、これを事業としている企業がある。その市場は、約1兆2千億円となっている。
また、企業数は推定4500~5000程となっている。従業員の総数に関しては約9万人程度となる。

葬祭業に含まれる事業は、実に幅広いものとなっている。
葬儀関連業をはじめに、ギフト業者、生花業者、仏壇業者等も含まれてくる。

ちなみに、「葬」とは死者を葬る事やそれを行う儀式を意味する言葉である。
また、ここにおいての「祭」は法事を意味するものである。

歴史

history

葬祭業が誕生したのは、明治以降の事である。
また、この事業が商業として活発化になったのは明治中期以降の都心部となっている。

理由としては、それまでの葬儀式とは違い葬儀全体が派手なものと変わっていったからである。
例えば、葬列を彩るために多くの人を手配する事や装具の開発等が行なわれた。
それにより、葬祭業数が多く誕生したのである。

この事業に参入したものとして、棺を手配する棺屋や造花を提供するハナヤ等があった。
また、近年においても同様に様々な業界からこの事業への新たな参入が増加している。
理由としては、高齢化に伴い葬儀の需要が今後も増加すると見込まれているのもその1つである。
ちなみに、近年における参入企業水数は約6.500社となっている。

スタイル

style

葬祭によって行われる葬儀式には、宗教時代によって様々なスタイルが存在している。

例えば、日本において1995年頃から誕生した葬儀式に家族葬がある。
これは、故人の家族やまた故人と特別に親しい物だけによって行われる葬儀の1つである。

宗教の違いにより、仏式葬儀、キリスト教葬儀、神式葬儀な等が行われるものもある。
中には、僧侶を含まずに行う葬儀式(友人葬)等もあり各宗教によってそのスタイルは様々なのである。

また、これらの他にも自由葬というスタイルのものがある。
これらは従来の葬儀式のスタイルに縛られたものでなく、自由な発想によって行われるものである。
これには、音楽演奏を重視した音楽葬や、石を使用せず樹木を使用して埋葬を行う樹木葬等も含まれている。

スペシャルトピックス

お部屋

仏壇の概要

仏壇は葬祭に関わる物の中で使用頻度が最も高く、使用する期間も…

more